teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:6/65 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

すらまっと まら~む

 投稿者:たま、  投稿日:2008年 5月29日(木)21時20分41秒
  通報 返信・引用 編集済
  昼間ですか!



Nellyさんは、鶴見駅からいくらか歩いたところにある懐かしい感じの商店街で、婦人服やアクセサリーのお店を経営されています。
フラダンスやエスニック的な服、それから年齢の高い女性用の普通の服など...
彼女がオーナーです。
営業時間は、朝の10時くらいから夕方6時くらいまででしょうか。
従業員の人も常駐していますが、Nellyさんとおしゃべりをしたくて来る常連のおばあちゃんのお客さん達が多いです。

Nellyさんは、月1回ではインドネシア語を知ってもらえる機会が少な過ぎるから、もっと多いと良い、という気持ちだそうです。

でも、商売っ気は無いです。本業を頑張れば良い。サイドビジネスは要らない。という主義の人です。とても意気投合しました。
今の講座もタダで良い!と言うのを、こちらから「いや!ケジメをつけんと!せめて¥1,000」という感じです。

定休日は聞いていなかったですけれど、週1回くらいはあるでしょうね。
上手く調整すれば、個人レッスンは、かなり可能かもしれません。

仮に、あーすぷらざで、お昼に新講座を開く場合には、いくらかハードルがあります。
■長期利用のレンタルスペースを確保出来るか
 ・・・昼の利用は少ないと思うので、おそらく可能。
 しかし、次の半期の切り替え月の9月以降になると思います。

■ネリーさんのお店の定休日に限られる
 ・・・ひょっとして、昼の数時間をお店のスタッフに任せて、来てくれる可能性も無いとは言えないかも。判りません。

■昼だと参加者が集まらない。
 ・・・お金が目的ではなくても、参加者が少ないと寂しい...
 ネリーさんのモチベーションが心配。。

■私事ですが... 慢性的に妙に仕事が多くなってしまって、講座のために時間を設けるのが難しく、一杯一杯気味です。。
○| ̄|_(今の2回の講座にあたっても、語学を勉強しておく余裕がありません。う~ん)


まあ、一番の問題は、ネリーさんが、お昼の時間やお店の定休日に来てくれるか、というところでしょう。
あとは、なんとかなるでしょう。
ネリーさんに聞いてみましょうか?
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/65 《前のページ | 次のページ》
/65