teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


前々回の講義の後について

 投稿者:  投稿日:2016年 4月22日(金)14時00分25秒
返信・引用
   前々回の講義の後に、Y教授が『コピペと言われないレポートの書き方教室』の販売をおこなっていましたが、そのすぐ隣でサイン会もやられておりとても込み合って講義室の外に出るのが大変でした。もしまたそのような機会があれば、サイン会は別のところでおこなって欲しいです。  
 

Re: 本を読む方法

 投稿者:AM。3時23分  投稿日:2016年 2月15日(月)18時23分55秒
返信・引用
  > No.141[元記事へ]

yamagutiさんへのお返事です。

ありがとうございます.


> AM。3時23分さんへのお返事です。
>
> そうですか、じゃあ残しておきます。
>
> > yamagutiさんへのお返事です。
> >
> > 私個人としては残してほしいと思っています。
> > 所属学科(総合理数)の関係上、哲学や思想と言ったこととはあまり関係が無いので、本を読み進めていく中で沸いた疑問等を質問できる場として提供して頂けるとありがたいのです。
> > しかし、私個人しか使用しないのであれば運営への負担に対する効果があまり大きくないのではないかとも思います。
> >
> >
> >
> >
> >
> > > AM。3時23分さんへのお返事です。
> > >
> > > 総合科学部の組織変更に伴って「科学と人間」の授業が終了しますので、掲示板も消そうかと思っていましたが、使いたいのなら、べつに残しておいても害はないので、残しておきますが。
> > >
> > >
> > > > >yanagutinさん
> > > > 授業が終わって半年が経過するのにもかかわらず、早々の返信ありがとうございます。
> > > > 春季休業期間に先生の本も含めて、いろいろな本を読んでみたいと思います。
> > > > またしても質問になってしまうのですが、来年度以降もこの掲示板は使用することができるのでしょうか?
> > > >
> > > >
> > > >
> > > > yamagutiさんへのお返事です。
> > > >
> > > > > AM。3時23分さんへのお返事です。
> > > > >
> > > > > 哲学を専攻しようと「決意」した瞬間、というのはありません。
> > > > > なりゆきです。あるいは、いつのことからか、自分は哲学をやるものだと思っていました。
> > > > > わたしの『認知哲学』という本の、262ページ「どんな場合に人は意志的に決断しなければならないか」を参照。
> > > > > まずは、目についたものでかまわないので、いろいろ読んでみることが大切です。
> > > > > 「この分野をやりたい」という意志は、その分野について知らなければ抱きようがありません。
> > > > > ですから、意志よりも先に、知ることが必要です。
> > > > > ある分野を知ることは、必ずしも意志でどうこうなるものではなく、半ばは偶然の出会いです。
> > > > > それでもあえて、何から読めばいいかおすすめは、と言われたら、まずは私の本を(笑
> > > > > 講談社メチエの『西洋哲学史1~4』は、割とわかりやすいと思います。
> > > >
 

Re: 本を読む方法

 投稿者:yamaguti  投稿日:2016年 2月14日(日)16時36分7秒
返信・引用
  > No.140[元記事へ]

AM。3時23分さんへのお返事です。

そうですか、じゃあ残しておきます。

> yamagutiさんへのお返事です。
>
> 私個人としては残してほしいと思っています。
> 所属学科(総合理数)の関係上、哲学や思想と言ったこととはあまり関係が無いので、本を読み進めていく中で沸いた疑問等を質問できる場として提供して頂けるとありがたいのです。
> しかし、私個人しか使用しないのであれば運営への負担に対する効果があまり大きくないのではないかとも思います。
>
>
>
>
>
> > AM。3時23分さんへのお返事です。
> >
> > 総合科学部の組織変更に伴って「科学と人間」の授業が終了しますので、掲示板も消そうかと思っていましたが、使いたいのなら、べつに残しておいても害はないので、残しておきますが。
> >
> >
> > > >yanagutinさん
> > > 授業が終わって半年が経過するのにもかかわらず、早々の返信ありがとうございます。
> > > 春季休業期間に先生の本も含めて、いろいろな本を読んでみたいと思います。
> > > またしても質問になってしまうのですが、来年度以降もこの掲示板は使用することができるのでしょうか?
> > >
> > >
> > >
> > > yamagutiさんへのお返事です。
> > >
> > > > AM。3時23分さんへのお返事です。
> > > >
> > > > 哲学を専攻しようと「決意」した瞬間、というのはありません。
> > > > なりゆきです。あるいは、いつのことからか、自分は哲学をやるものだと思っていました。
> > > > わたしの『認知哲学』という本の、262ページ「どんな場合に人は意志的に決断しなければならないか」を参照。
> > > > まずは、目についたものでかまわないので、いろいろ読んでみることが大切です。
> > > > 「この分野をやりたい」という意志は、その分野について知らなければ抱きようがありません。
> > > > ですから、意志よりも先に、知ることが必要です。
> > > > ある分野を知ることは、必ずしも意志でどうこうなるものではなく、半ばは偶然の出会いです。
> > > > それでもあえて、何から読めばいいかおすすめは、と言われたら、まずは私の本を(笑
> > > > 講談社メチエの『西洋哲学史1~4』は、割とわかりやすいと思います。
> > >
 

Re: 本を読む方法

 投稿者:AM。3時23分  投稿日:2016年 2月14日(日)16時35分20秒
返信・引用
  > No.139[元記事へ]

yamagutiさんへのお返事です。

私個人としては残してほしいと思っています。
所属学科(総合理数)の関係上、哲学や思想と言ったこととはあまり関係が無いので、本を読み進めていく中で沸いた疑問等を質問できる場として提供して頂けるとありがたいのです。
しかし、私個人しか使用しないのであれば運営への負担に対する効果があまり大きくないのではないかとも思います。





> AM。3時23分さんへのお返事です。
>
> 総合科学部の組織変更に伴って「科学と人間」の授業が終了しますので、掲示板も消そうかと思っていましたが、使いたいのなら、べつに残しておいても害はないので、残しておきますが。
>
>
> > >yanagutinさん
> > 授業が終わって半年が経過するのにもかかわらず、早々の返信ありがとうございます。
> > 春季休業期間に先生の本も含めて、いろいろな本を読んでみたいと思います。
> > またしても質問になってしまうのですが、来年度以降もこの掲示板は使用することができるのでしょうか?
> >
> >
> >
> > yamagutiさんへのお返事です。
> >
> > > AM。3時23分さんへのお返事です。
> > >
> > > 哲学を専攻しようと「決意」した瞬間、というのはありません。
> > > なりゆきです。あるいは、いつのことからか、自分は哲学をやるものだと思っていました。
> > > わたしの『認知哲学』という本の、262ページ「どんな場合に人は意志的に決断しなければならないか」を参照。
> > > まずは、目についたものでかまわないので、いろいろ読んでみることが大切です。
> > > 「この分野をやりたい」という意志は、その分野について知らなければ抱きようがありません。
> > > ですから、意志よりも先に、知ることが必要です。
> > > ある分野を知ることは、必ずしも意志でどうこうなるものではなく、半ばは偶然の出会いです。
> > > それでもあえて、何から読めばいいかおすすめは、と言われたら、まずは私の本を(笑
> > > 講談社メチエの『西洋哲学史1~4』は、割とわかりやすいと思います。
> >
 

Re: 本を読む方法

 投稿者:yamaguti  投稿日:2016年 2月14日(日)16時29分25秒
返信・引用
  > No.138[元記事へ]

AM。3時23分さんへのお返事です。

総合科学部の組織変更に伴って「科学と人間」の授業が終了しますので、掲示板も消そうかと思っていましたが、使いたいのなら、べつに残しておいても害はないので、残しておきますが。


> >yanagutinさん
> 授業が終わって半年が経過するのにもかかわらず、早々の返信ありがとうございます。
> 春季休業期間に先生の本も含めて、いろいろな本を読んでみたいと思います。
> またしても質問になってしまうのですが、来年度以降もこの掲示板は使用することができるのでしょうか?
>
>
>
> yamagutiさんへのお返事です。
>
> > AM。3時23分さんへのお返事です。
> >
> > 哲学を専攻しようと「決意」した瞬間、というのはありません。
> > なりゆきです。あるいは、いつのことからか、自分は哲学をやるものだと思っていました。
> > わたしの『認知哲学』という本の、262ページ「どんな場合に人は意志的に決断しなければならないか」を参照。
> > まずは、目についたものでかまわないので、いろいろ読んでみることが大切です。
> > 「この分野をやりたい」という意志は、その分野について知らなければ抱きようがありません。
> > ですから、意志よりも先に、知ることが必要です。
> > ある分野を知ることは、必ずしも意志でどうこうなるものではなく、半ばは偶然の出会いです。
> > それでもあえて、何から読めばいいかおすすめは、と言われたら、まずは私の本を(笑
> > 講談社メチエの『西洋哲学史1~4』は、割とわかりやすいと思います。
>
 

Re: 本を読む方法

 投稿者:AM。3時23分  投稿日:2016年 2月14日(日)15時58分32秒
返信・引用
  > No.137[元記事へ]

>yanagutinさん
授業が終わって半年が経過するのにもかかわらず、早々の返信ありがとうございます。
春季休業期間に先生の本も含めて、いろいろな本を読んでみたいと思います。
またしても質問になってしまうのですが、来年度以降もこの掲示板は使用することができるのでしょうか?



yamagutiさんへのお返事です。

> AM。3時23分さんへのお返事です。
>
> 哲学を専攻しようと「決意」した瞬間、というのはありません。
> なりゆきです。あるいは、いつのことからか、自分は哲学をやるものだと思っていました。
> わたしの『認知哲学』という本の、262ページ「どんな場合に人は意志的に決断しなければならないか」を参照。
> まずは、目についたものでかまわないので、いろいろ読んでみることが大切です。
> 「この分野をやりたい」という意志は、その分野について知らなければ抱きようがありません。
> ですから、意志よりも先に、知ることが必要です。
> ある分野を知ることは、必ずしも意志でどうこうなるものではなく、半ばは偶然の出会いです。
> それでもあえて、何から読めばいいかおすすめは、と言われたら、まずは私の本を(笑
> 講談社メチエの『西洋哲学史1~4』は、割とわかりやすいと思います。
 

Re: 本を読む方法

 投稿者:yamaguti  投稿日:2016年 2月14日(日)15時48分8秒
返信・引用
  > No.136[元記事へ]

AM。3時23分さんへのお返事です。

哲学を専攻しようと「決意」した瞬間、というのはありません。
なりゆきです。あるいは、いつのことからか、自分は哲学をやるものだと思っていました。
わたしの『認知哲学』という本の、262ページ「どんな場合に人は意志的に決断しなければならないか」を参照。
まずは、目についたものでかまわないので、いろいろ読んでみることが大切です。
「この分野をやりたい」という意志は、その分野について知らなければ抱きようがありません。
ですから、意志よりも先に、知ることが必要です。
ある分野を知ることは、必ずしも意志でどうこうなるものではなく、半ばは偶然の出会いです。
それでもあえて、何から読めばいいかおすすめは、と言われたら、まずは私の本を(笑
講談社メチエの『西洋哲学史1~4』は、割とわかりやすいと思います。





> 哲学系の分野に興味があります。
> 『哲学入門』著:岩崎武雄 出版社:有信堂全書 年:昭和41年
> という本を図書館で借りて読み、他の”入門”と名の打たれた本も読んでみようと思っていますが、疑問がわきました。別の「哲学入門」と名の打たれた本を読むというのは、作者の意見と別の視点で書かれた本について読んでみたいと思ったからです。
> 『哲学』とひとくくりに名の打たれた本を読んでみると、先に挙げた本では「現代の哲学について、過去の哲学の主流を辿ることにより説明をする」というような流れでありました。
> そのなかで、実証主義やマルクス主義、はたまた科学的に考えるということと、科学主義的に考えることの違いを述べていました。
>  本来であれば「この分野をやりたい」という意志のもとに学習を進めているのだと思いますが、一度、哲学にはどのような分野があってどのように研究が行われているのかを知ったのち、私が行いたいと思っていた・思った分野についての本を読んでいきたいと考えているのですが、この方法についてのご意見を頂ければと思います。
>  また、もしよろしければ、先生はどのような契機でその分野を専門にしようという決意に至ったのかも教えていただけないでしょうか。
>
 

本を読む方法

 投稿者:AM。3時23分  投稿日:2016年 2月14日(日)14時43分3秒
返信・引用
  哲学系の分野に興味があります。
『哲学入門』著:岩崎武雄 出版社:有信堂全書 年:昭和41年
という本を図書館で借りて読み、他の”入門”と名の打たれた本も読んでみようと思っていますが、疑問がわきました。別の「哲学入門」と名の打たれた本を読むというのは、作者の意見と別の視点で書かれた本について読んでみたいと思ったからです。
『哲学』とひとくくりに名の打たれた本を読んでみると、先に挙げた本では「現代の哲学について、過去の哲学の主流を辿ることにより説明をする」というような流れでありました。
そのなかで、実証主義やマルクス主義、はたまた科学的に考えるということと、科学主義的に考えることの違いを述べていました。
 本来であれば「この分野をやりたい」という意志のもとに学習を進めているのだと思いますが、一度、哲学にはどのような分野があってどのように研究が行われているのかを知ったのち、私が行いたいと思っていた・思った分野についての本を読んでいきたいと考えているのですが、この方法についてのご意見を頂ければと思います。
 また、もしよろしければ、先生はどのような契機でその分野を専門にしようという決意に至ったのかも教えていただけないでしょうか。
 

Re: 質問です

 投稿者:yamaguti  投稿日:2015年 6月 8日(月)08時24分8秒
返信・引用
  > No.134[元記事へ]

ジオン軍残党Aさんへのお返事です。

> 先生が授業で「文部科学省は人文社会系をなくそうとしている」といったのはL型大学とG型大学の構想を踏まえての意見なのですか?

「私の意見」でなく「事実」です。
「文部科学省は(5月)27日、全国の国立大学に対して人文社会科学や教員養成の学部・大学院の規模縮小や統廃合などを要請する通知素案を示した。(中略) 教員養成や人文社会科学などの学部・大学院について「組織の廃止や社会的要請の高い分野への転換に積極的に取り組むように努めることとする」と明記された」
(5月28日産経新聞)。
記事全文↓
http://news.livedoor.com/article/detail/10163518/


> それと、先生は幅広い知識をお持ちだと授業を聞いていると感じるのですが、そういった知識はやはり本などから吸収されたものなのですか?

もちろん本も大切です。しかし、まずは新聞を読みましょう。
購読料は、朝日新聞と毎日新聞の場合、学割で2000円です。
4年生になって就活用の付け焼刃で「社会常識」などの本を読む人がいますが、いまから毎日新聞を読んでいるのと付け焼刃とでは、ぜんぜん違います。ちょっと話を聞けばすぐわかります。

> 哲学関係やそのほかも含めて、何かおすすめの本があれば教えてください!!

まずは私の著作を買って読んでください(笑
 

質問です

 投稿者:ジオン軍残党A  投稿日:2015年 6月 7日(日)23時16分9秒
返信・引用
  >yamaguti  さんへ お返事ありがとうございます。
念のために言っておくと、メールコメントで哲学に利便性がないといったのは私ではありません。

単位の上限の関係上後期の哲学関係の授業をとることが出来るかはわからないのですが、なんとかとれるようにしたいと思います。

先生が授業で「文部科学省は人文社会系をなくそうとしている」といったのはL型大学とG型大学の構想を踏まえての意見なのですか?

それと、先生は幅広い知識をお持ちだと授業を聞いていると感じるのですが、そういった知識はやはり本などから吸収されたものなのですか?

哲学関係やそのほかも含めて、何かおすすめの本があれば教えてください!!

質問ばかりですいません。
 

レンタル掲示板
/14