teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


11月22日(水)の水彩画サークル・ルーブル会・・・その(2)

 投稿者:東紘司  投稿日:2017年11月22日(水)18時35分56秒
返信・引用
                 松本さんの作品

柿と烏瓜が踊るように組み合わされています。
動きのある画面構成です。

色んな表現方法を発見してください、時には基本に返りマンネリ化しないように。

               吉村さんの作品

静寂な中に、明暗の対比が効き荘厳な雰囲気を増しています。

               三並さんの作品

愛犬!犬を飼っておられたのでしょう、愛情が伝わってきます。
今回は絵の具に指を筆代わりに用いましたね、表現方法は様々工夫しましょう。


 
 

11月22日(水)の水彩画サークル・ルーブル会・・・その(1)

 投稿者:東紘司  投稿日:2017年11月22日(水)18時33分55秒
返信・引用
                  角野さんの作品

つわぶきの花に広がりがある、
落ち着いたバランスの取れた色調です。

スポンジや海綿、身近な生活用品の中に絵画に適した応用品が有ります、
創造の膨らませてください。

                陸野さんの作品

お孫さんが提供された写真からだとか、良いご家族の環境ほほえましいですね、
作品からもそのような空気が伝わります。

                角野さんの作品

作品から奥行きを感じるように大きくゆったりと構成しましょう、
今回のユリからは奥への広がりを感じます。

そのために色んな表現方法が有りますが試して納得して身につけましょう。
 

11月8日(水)の「絵画サークル・ルーブル会」・・・その(2)

 投稿者:東紘司  投稿日:2017年11月 9日(木)07時19分57秒
返信・引用
              角野さんの作品

葉の部分はスポンジを使って洗い出し!
身近な生活用品が結構役立ちますね。

            陸野さんの作品

花を一つの塊に見て同系色の中に濃淡を、それで十分表現できています。
ゆったりとした広がりが感じられます。

            吉村さんの作品

デッサン用の薄い紙に描かれましたが、紙の違いを感じてください。
そしてどんどん描けば記憶に財産が残り他の場面で使えます。




 

11月8日(水)の「絵画サークル・ルーブル会」・・・その(1)

 投稿者:東紘司  投稿日:2017年11月 9日(木)07時17分30秒
返信・引用
            蓮井さんの作品

蕾がうまく表現できている、
花の重なりは弱いすこし前後感を意識すればよい。

      福田さんの作品

ソフトな色調だ、背景に置かれた薄紅色が花のふくらみを表現している。

      柳本さんの作品

青系を主体にした神秘な色調、花梨はすこし汚すとよかった。

 

10月26日(木)写生会くすのき・・・その(1)

 投稿者:東紘司  投稿日:2017年10月28日(土)18時34分39秒
返信・引用
  週末は台風接近予報、つかの間の晴れた日の写生行でした。

       岩堂さんの作品

最近では珍しい茅葺の民家、長閑な秋の日差しを感じます。
日焼けするくらいの日差し中、
でも久しぶりの青空のもと気持ち良い午前中でしたね。

       早崎さんの作品

数日来の雨で借り入れの終わった稲田がまるで田植え時季のようでした。
故郷、懐かしいですね!唱歌が聞こえます。

       田仲さんの作品

秋の代表選手、柿を手前に置いて、遠く山田が・・・
のびやかですね、秋の空気を思い仕上げて下さい。
 

10月26日(木)写生会くすのき・・・その(2)

 投稿者:東紘司  投稿日:2017年10月28日(土)18時32分5秒
返信・引用
  週末は台風接近予報、つかの間の晴れた日の写生行でした。

     平井さんの作品

奥に土蔵の蔵でしょうか、
手前との対比も効いて奥行きが有ります。

     福田さんの作品

手前の大きく描かれた草のシルエット、柿の木、そして遠景の民家。
遠景、中景、近景のバランスが取れています。

 

10月15日の『水彩画サークル・Koji』・・・その(2)

 投稿者:東紘司  投稿日:2017年10月16日(月)06時00分3秒
返信・引用
                       尾藤さんの作品

特徴のある竜の壺と優しいいコスモスが対比して目を引く構成です。
デッサン力がついてきましたね、
大きく力強くて良いです!!

                      垣内さんの作品

油絵を描かれるご婦人だから色を塗りすぎるきらいがあったけれど、
濁りの少ない彩色になりましたね、
壺のにじみ、質感が出て素敵です。

                       中村さんの作品

瓶の透明感がよく出ています。
花も広がりが有り生き生きと、元気な作者の個性を感じます。



 

10月15日の『水彩画サークル・Koji』・・・その(1)

 投稿者:東紘司  投稿日:2017年10月16日(月)05時57分43秒
返信・引用
                 坂本さんの作品

密集した黄色い彼岸花は形を見極めて取ることが難しい!
坂本さんは全体にオレンジを薄く(明るく)置き、
ブールーで花びらを絞めている。
背景にはオレンジを明るく配色して花の重なりを表現された。

               祢宜さんの作品

コスモスは最初基本色を置き、カーマインを置き重ねている。
背景の壺が濃く置かれているから花が引き立ち締まり、全体に
リズムのある構図にまとまった。

               井村さんの作品

丁寧に描かれいるが硬さがない、日本が調の優しい雰囲気だ、
坂本さんと対照的な描き方を参考にしてほしい。
 

10月11日(水)の絵画サークル・ルーブル会・・・その(2)

 投稿者:東紘司  投稿日:2017年10月12日(木)11時46分7秒
返信・引用
                三並さんの作品

全体に濁りの無い柔らかな色調ですね、
水彩絵の具の透明感を大切に意識されていることが良く伝わります。

              角野さんの作品

画面に大きくのびのび良いですね。
訂正も効きますから自由に思うように色を置きましょう、
そして講師とミーティングを行って感じることが大切です。
奥深い学びですからユックリと初心忘れず学びましょう。

              福田さんの作品

柔らかな色調の中に鋭い鷹の眼光、力強いですね、
鷹の特徴を上手くつかめています。





 

10月11日(水)の絵画サークル・ルーブル会・・・その(1)

 投稿者:東紘司  投稿日:2017年10月12日(木)11時36分18秒
返信・引用
                松本さんの作品

鋭い眼光の鷹!山形の木彫り細工だといわれる。
木の温もりを感じます。
久しぶりの描写そして彩色ができてよかったよかった、
まず久しぶりに描けたことに万歳。

              柳本さんの作品

お洒落な貴婦人といった感じです。
柘榴の赤と対比して鷹が際立って見えます。


              吉村さんの作品

今まさに飛び立たんとする、勇壮ですね。
創作意欲旺盛な作者の力強さが伝わります。
 

レンタル掲示板
/155